X men シリーズ

テレポート 4. 『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』 物語の冒頭は第二次世界大戦時から始まり、プロフェッサーXとマグニートーが出会う1962年までが描かれています。 3. サンスポットの太陽エネルギーを受けると、アイスマンのような氷の能力になる 2. と思ってしまう作品です。一歩踏みだすのが難しい『X-MEN』シリーズですが、観ないのはもったいない名作シリーズです。本記事ではより一層『X-MEN. 映画『X-MEN: フューチャー&パスト』にて。 年、人類が開発した最強の対ミュータント兵器「センチネル」によって世界中の多くのミュータントが殺されてしまいます。ミュータントの味方をした善良な人間をもセンチネルは殺害。 荒廃した世界に残ったのは邪悪な人間とセンチネルのみ。 プロフェッサーX、マグニートーらエックスメンは、ミスティークによる「ボリバー・トラスク博士の殺害」を食い止めるため、ウルヴァリンを過去の時代(1973年)に送り込みます。. X-MENのCランクヒーローの一覧 5. 稲妻と竜巻を発生させる 2. 『ウルヴァリン:SAMURAI』 『ファイナル・ディシジョン』後のウルヴァリンの戦いを描きます。時間設定は公開年と同じ年であるとされ、ラストで『フュ.

テレキネシス 6. 素粒子レベルで物質を変換 2. アポカリプスの能力は、原作においては、 1. 現実を思いのままに変えられる というもの。 「思うだけ」で自動車が宙を舞い、物質が塵(ちり)になり、生物も消滅する。 この能力的には無敵ですよ、完全に。 アポカリプスでも勝てないんじゃないかなとか思っています。 ただ、能力的には無敵だけど勝つ方法はある。アダマンチウムの骨格さえ無事なら死滅せずに肉体が復元されるウルヴァリンが、ジーン・グレイと対話しつつフェニックスを殺せたので。 映画の中のヴィランとして、フェニックスはそういう魅力的な存在になっていますね。. アダマンチウムの骨格と爪 3. 超人的な腕力・耐久力 ・スピード 2. X-MENのSランクヴィランの一覧 7.

ジーン・グレイの能力は、「テレパシー」と「サイコキネシス」です。 ジーンは能力が覚醒するとフェニックスとなって最強ですが、プロフェッサーXが封じ込めていて、小さなパワーしか出せずコントロールも出来ません。 単純なテレパシーならできるので、プロフェッサーXの不在時になると頼りになる存在になります。 「潜在能力が高すぎる」ゆえの不遇なキャラクターですね。. 『X-MEN: ファイナル ディシジョン』(年) 4. 『X-MEN』シリーズの順番を公開順と時系列順に紹介していきます。本作はかなり複雑な時系列となっており、ストーリー順に追うのは難しい. ミスティークの能力は、卓越した「変身能力」です。 b見た目だけじゃなく声や服装までも、完全再現ができてしまいます。そのため、スパイ活動をすることが多い。 しかし、相手の能力まで再現できるわけではないので、いざ戦闘になると「対人格闘術」だけで戦うことになる。その点で、そこそこ戦えはするが、戦闘能力自体はあまり高くない。 見た目にコンプレックスがあるので、見た目を認めてくれるマグニートーをしたっている。 原作コミックスでは、ナイトクローラーという息子がいます。映画では生かされてない設定ですが、「彼の肌が青い」のはそのためです。. ウルヴァリンとプロフェッサーxは死にx-23やミュータントの子供達にバトンが渡された。x-menシリーズの中で最も重い作品で、ウルヴァリンの死は.

『X-MEN新三部作』シリーズ(年〜) 4. 気流を操って空を飛ぶ の2つが主な能力です。 圧倒的な存在感を誇るストームですが、その能力で無双することはあまりないですね。 一発の攻撃力はサイクロップスの方が明らかに上だと思いますが、能力だけ見るとストームの方が強いし、便利。 映画の中ではそこまでストームの活躍の場は多くないのですが、便利すぎる能力ゆえかなと思います。. それでは、『X-MEN』シリーズの時系列について検証していきましょう。 『X-MEN』シリーズは大まかに分けて初期の三部作と後期の四部作とは時間軸が大いに異なっており、スピンオフも交えるとかなり複雑な時系列となっています。 ただし、『デッドプール』シリーズは本編とは世界観を共有しながらも完全に独立した別路線であるため、ここでは本編7作+『ウルヴァリン』三部作の時系列について取り上げていきましょう。 『X-MEN』シリーズは第5作『X-MEN:フューチャー&パスト』で歴史改変が行われており、旧三部作と『フューチャー&パスト』以降では時間軸が異なってきております。 それでは、時系列の順番に整理していきましょう。 1. 映画『X-メン』にて。 x men シリーズ ウルヴァリンがローグと出会い、「恵まれし子らの学園」を訪れる。 プロフェッサーX率いる「エックスメン」に加入したウルヴァリンは、マグニートーが率いるミュータント集団「ブラザーフッド」と対決。ケリー上院議員が推し進めていた「ミュータント登録法案」をめぐる戦闘が繰り広げられます。 そしてここから、本格的にジーン・グレイ、サイクロップス、ストームの3人のミュータントが本編に絡んできます。. x-men シリーズは、マーベルの人気ヒットシリーズとして君臨。 X-MENシリーズと言えば、 時系列の複雑さと作品数の多さ。 これらは、X-MENシリーズに初挑戦する人にとって高いハードルとなっています。. 。 X-MEN映画シリーズは、非常に「長寿」(不死身)であるウルヴァリンの生涯を追っていくことで、ストーリーの時系列が見えてきます。 エックスメンの世界は、過去編・現代編・未来編に大きく分かれるのです。. ローグの能力は、肌に触れることで「相手の生命力」を吸収すること。 どんな相手でも「ただ触るだけ」で殺すことができて「無敵」ですが、戦うことに積極的な性格ではありません。むしろ、肌が触れないよう、常に「手袋」をしています。 x men シリーズ この能力のせいで恋愛ができない。というのがコンプレックス。 ちなみに、自分自身が瀕死状態のときには、ヒーリングファクター能力を持つウルヴァリンに触れることで蘇生ができる。 リーチから作られたミュータント治療薬「キュア」によって、能力がなくなってしまう。.

他人の体に記憶と能力を投影 7. 『X-メン』(年) 2. 『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』(前半) 物語はウルヴァリンが幼少期だった1845年から始まります。 2. x-menシリーズの配給会社である20世紀foxがディズニーに買収されたことにより、今後はアベンジャーズとx-menのクロスオーバーにも期待がかかります!絶対観たい! と、その前に「最後のx-men」『ダークフェニックス』のネタバレ感想もどうぞ. 『デッドプール』シリーズ(年〜) 5. そして「エネルギーブラスト」という超破壊光線も出すことが可能。 このようにあらゆるミュータントの能力を使えるわけです。 センチネルはあまりに強すぎて数も多すぎるため、ほとんどのミュータントが死滅することになりました。さらに末期になるとミュータント擁護派の人間までも殺し出し、世界が滅亡寸前になってしまいます。 X-MENらは戦っても勝ち目はないので「過去を変える」道を選ぶしかなかったのです。 参照→X-MENの時系列. 『デッドプール』(年) 9. 映画『X-MEN: フューチャー&パスト』にて。 ウルヴァリンが過去のプロフェッサーXと会い、さらにビースト、マグニートー、クイックシルバーらミュータントを仲間に勧誘。そしてミスティークのトラスク博士の暗殺計画をギリギリのところで阻止します。 これにより、最強の対ミュータント兵器「センチネル」誕生のキッカケとなる歴史的事実が消滅。 1973年から年までの歴史が塗り替えられ(改変され)、「センチネル」が誕生しない新しい歴史が誕生します。 サイクロップス、ジーングレイなど、過去に死亡したミュータントもここで復活。 x men シリーズ 年の世界に戻ったウルヴァリンには1973年からの新しい歴史の記憶が一切ないので、プロフェッサーXから教えてもらうことになります。.

X-MENの登場人物は誰が強いのか? どんな能力があるのか? そこを「ランキング形式」にして、きっちりまとめてみようではありませんか! 今回は映画『X-MEN』シリーズでの格付け。つまり「映画の描写や設定」が最優先ということで、「U-NEXT」で過去作品のX-MEN映画を一気に見漁りました。ちょうど最新作の『アポカリプス』も公開されて、ほんとに面白すぎた!笑 というわけで、映画に出てくる登場人物の「能力」と「強さ」を整理しつつ、一覧にしてみました。なんと50人以上. . 『X-MEN:フューチャー&パスト』(過去編) 悲惨な未来を変えるため、ウルヴァリンは1972年の自分に意識を飛ばして活動することになります。 4. 映画『X-MEN: アポカリプス』にて。 世界最初のミュータントで「神」と呼ばれていたアポカリプスが、長い眠りから目覚めてしまいます。 ここで、モイラ、クイックシルバー、エンジェル、ビーストが再登場。これまで描かれていなかった若い頃のストーム、サイクロップス、ジーングレイ、ナイトクローラー、サイロックなども登場しますね。.

『ニューミュータンツ(原題)』(年公開予定) 12. X-MENのBランクヒーローの一覧 4. 金属ミュータントのコロッサスと戦うときは、センチネルの身体も金属に 4.

レディ・デスストライクは、完全にウルヴァリンと同じ能力を持つヴィランです。 1. . 影をつたってテレポートする 2. 『レギオン』TVドラマシリーズ(年〜) さらに、公開予定作品も含めると16作品にもなりますね! というわけで今回は、複雑なX-MENの時系列を分かりやすく整理していくので、映画視聴の際の参考にしてみてください。 特にこれからX-MENシリーズを観ていく人は、時系列にそって「公開順」に観ていくのがおすすめです。 例えばウルヴァリンシリーズには、X-MENシリーズのネタバレが含まれています。なるべく時系列通りに視聴してみた方が楽しめるはずです。 ちなみに今後は、『X-MEN: ダーク・フェニックス(原題)』『ニューミュータンツ(仮)』『X-Force(仮)』『ガンビット(仮)』などの新作X-MEN映画もどんどん公開されていく予定です。 ローラ(X-23)や、X-MENと関係が深いチーム「アルファフライト(Alpha Flight)」や「エグザイルズ(Exiles)」を描く新たなミュータント映画も開発中だとか.

『x-men』シリーズは現在、12作品あるので、今から一気に全てを見るのは大変です。 しかも、この『x-men』シリーズは 「ストーリーに矛盾点があることでも知られている」 ので、私としては ”見るべき順番はない” と考えています。. 『X-メン』 () 『X-MEN2』 () 『X-MEN:ファイナル・ディシジョン』 () 『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』 () 『X-MEN:フューチャー&パスト』 () 『X-MEN:アポカリプス』 () 『X-MEN:ダークフェニックス』 (年6月21日公開) スピンオフシリーズも絶好調のX-MEN. 。 1. 1963年 に原作 スタン・リー 、作画 ジャック・カービー による『The X-MEN』1号で初登場した。. x men シリーズ 目の前にある物や人を見えなくする。 4. 『X-MEN:ファイナル・ディシジョン』 歴史改変の影響でジーン・グレイが“フェニックス”として覚醒する時期が『ダーク・フェニックス』とは異なっていますが、旧タイムラインでは年代末に起こった事件を描きます。 10. 『マルチプルマン』(開発中) 「アメリカでの公開日順」でまとめてあります。 今からX-MENを観ていく人はこの順番でどうぞ。シリーズ映画なので一気に観た方が100倍楽しめると思います! 唯一『デッドプール』に関しては、X-MEN本編とあまり関わりがないので、飛ばして観るか、逆に一番初めに観ても問題はありません。 「たくさん映画を観る時間がない」という人は、まずは1作目の『X-メン』を観てみてください。きっとハマるはずです。 今はX-MEN映画が、U-NEXTという動画サイトで限定配信されてます。 存分にX-MENシリーズを楽しんでください! 下記のリンクから視聴できます。 >『X-メン』(b視聴期限は【年11月24日】) >『X-MEN2』(b視聴期限は【年12月8日】) >『X-MEN: ファイナル ディシジョン』(b視聴期限は【年12月1日】) >『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』(b視聴期限は【年12月15日】) >『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』(b視聴期限は【年12月15日】) >『ウルヴァリン: SAMURAI』(b視聴期限は【年8月7日】) >『.

More X Men シリーズ images. クイックシルバーの能力は、超高速移動。 それだけ? そうです。 しかし、他の高速移動能力をもつカリストらとは、そのスピードは全く異なるのです。 クイックシルバーにとっては、世界はいつもゆっくりで、実質的には「ほぼ止まってる」状態で時間が流れてます。他の高速移動能力のミュータントですら、クイックシルバーにしてみれば、「ゆっくり歩いている」レベルのスピードでしょう。 世界が滅亡するほどの攻撃でも一瞬で避難できるし、「止まってる」最強の敵に一矢報いることも容易なはず。ただし、攻撃力がないので、強さはBランクとしました。 ちなみに、マグニートーの実の息子で、スカーレットウィッチ(まだ出てきてない)は双子の姉です。. x-menの時系列・公開順まとめ!映画シリーズを見るおすすめの順番は? 世界中で大ヒットしている人気アメコミヒーローの実写映画である「x-men」シリーズは、その人気ぶりから多くの作品が生み出され、「マーベル・シネマティック・ユニバース」とはまた違った独自のユニバースを展開して. 精神攻撃を行う「テレパシー」 の2つ。 身体をダイヤモンドにすることの最大のメリットは、高い防御力で、戦闘において非常に有効な能力。さらに「テレパス」としても優秀で、プロフェッサーXには及ばないものの、精神攻撃やマインドコントロールを行うことができる。 映画では、セバスチャン・ショウの側近として活躍しました。エマフロストがなぜか続編で若返っている矛盾についてもまとめてあります。. 近くのミュータントを感知する という感じ。 しかも能力を増幅する装置「セレブロ」を使うことで、世界中のミュータントの位置を把握することができてしまう。 映画『X-MEN2』においては、セレブロを使って、全人類と全ミュータントを死滅させるほどのパワーを見せつけてきました。 つまり能力的には全人類を滅ぼすことも可能ということ。ま、この時のプロフェッサーXは、幻覚で操られた状態でしたけど。 ただし、精神支配を防ぐための特殊なヘルメットを被っているマグニートーとセバスチャン・ショウには、能力が効かない。.

x-menシリーズはmcuよりも複雑でして、頭を整理しないと頭が混乱してしまいます。 複雑化している主な理由は、 途中で歴史改変が起こっているから ですね。 今後、x-menシリーズがmcuと合流することにより、シリーズは更に複雑化することが予想されます。. 『X-MEN: アポカリプス』 (年) 10. See full list on d-kamiichi. 遠隔的な意思疎通(テレパシー)。 3. 前述のとおり、マーベル本体を擁するディズニーが『X-MEN』シリーズの映像化権を有する21世紀フォックスを買収したことにより、『X-MEN』シリーズは年の『X-MEN:ダーク・フェニックス』をもって一旦完結することとなりました。 ディズニーは今後の『X-MEN』シリーズの展開について精査を行い、計画されていたスピンオフ『ガンビッド』が白紙撤回となり、もうひとつのスピンオフ『ニュー・ミュータント』が度重なる公開延期にさらされるなど(現時点では年に公開の予定)混沌としています。これも『アポカリプス』『ダーク・フェニックス』が興行面・批評面で振るわなかったことも影響しているとみられています。 また、『X-MEN』同様に21世紀フォックスが映像化権を有していた『ファンタスティック・フォー』とX-MENとのクロスオーバーも計画されていたようですが、年公開の『ファンタスティック・フォー』リブート版が今や世間から完全に“なかったこと”にされかけているほどの壊滅的な大コケをしたことによりこちらも白紙撤回となっています。 その一方で、確実にヒットが見込める『デッドプール』シリーズについては、これまでR指定路線に慎重だったディズニーが従来通りにR指定路線でのシリーズ続行を許可しており、現時点(年)ではまだ未定ながらも『デッドプール』については将来的にマーベルの正史にして基幹シリーズである『マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)』に合流することがほぼ確実視されています。原作コミックではデッドプールはスパイダーマンと度々共演していますので、近い将来デッドプールとスパイダーマンの共演がスクリーンでも見られるかもしれませんね。 とはいえ、やはり17年間にわたってシリーズの顔を務めてきたヒュー・ジャックマンの存在そして卒業の穴は非常に大きく、今後X-MENシリーズがMCUに合流するかは現時点では未だに不透明といえるでしょう。 &92;&92;&92;&92; 1ヶ月間無料 // X-MENシリーズを無料視聴する. ボーンクロー ただしウルヴァリンより爪は短く、さらにアダマンチウムの骨格も持っていない。ウルヴァリンに比べればはるかに弱いが、ヒーリングファクターだけでも相当な強さであることには違いない。 ちなみに、映画第1作目『X-メン』に出てきた、セイバートゥースはなぜか野獣化し、能力も雑魚化している。→X-MEN映画は矛盾と謎が多い?辻褄が合わないところ9つを解説. 映画『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』にて。 ウルヴァリンとb兄セイバートゥースが軍人として南北戦争に参加します。 ウルヴァリンは「ヒーリングファクター(自己治癒能力)」と「ボーンクロー(骨の爪)」という自分のミュータント能力を活かして戦場で生き延びていきます。. 「磁界王」と呼ばれる最強のヴィラン。 それがマグニートー。 原作コミックスでも最強のミュータントとされていますが、映画においても「X-MEN最大の敵」として君臨し続けてきました。 マグニートーの能力は「磁気の力であらゆる金属を操る」というものです。 世界中の金属から体内の鉄分までとにかく金属なら何でも遠隔操作でき、ウルヴァリンなどの金属系のミュータントには楽勝で勝てます。 また、マグニートーは「特殊なヘルメット」でテレパス対策をしていて、これによりプロフェッサーXからの精神攻撃も受けつけません。ヘルメットが無くなれば、プロフェッサーXに一瞬で負けます。笑 ちなみに、クイックシルバーはマグニートーの実の息子です。.

サイクロップスの能力は、破壊光線「オプティックブラスト」を目から放出すること。 能力としては、たったこれだけ! しかも「オプティックブラスト」を自分の力でコントロールできておらず、特殊なサングラスやバイザーで制御しています。 この破壊光線は攻撃力がありすぎるため、戦力としては十分すぎる強さがあります。映画シリーズの初期は、サイクロップスがX-MENのリーダー的立場も担っていました。 ちなみに、同じ「オプティックブラスト」の能力を持つハヴォックというミュータントがいますが、彼はサイクロップスの兄です。(原作コミックスでは弟)。サイクロップスの本名がスコット・サマーズ、ハヴォックの本名がアレックス・サマーズですね。. 『X-MEN: ファイナル ディシジョン』(年). X-MENのCランクヴィランの一覧 10. 当初は人気が出なかったが、 1975年 にチームを再編成してからはマーベル・コミックの中でも人気のあるシリーズのひとつとなり、多くの派生作品を生み出した。. X-MENのAランクヒーローの一覧 3.

X-メンのコミックは 年 時点で5億部以上が出版され 、 1991年 の原作. 『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』(年) 5. 『X-MEN: x men シリーズ ダーク・フェニックス(原題)』 (年公開予定) x men シリーズ 14. セイバートゥースが、ウルヴァリンとほぼ同様の能力を持つミュータント。 1.

『X-MEN 』シリーズの最新作『 X-MEN:ダーク・フェニックス 』は、これまでとは一味違った新章になるそうだ。本作の立ち位置や公開延期について、監督を務めた サイモン・キンバーグ がブラジルCinePopのインタビューにて語った。. サイリーンの能力は、超音波を放つこと。「ソニック・スクリーム」と呼ばれています。 映画に登場したサイリーンは、まだ子供で守られる側のミュータントでした。コロッサスに抱っこされて、運ばれていましたね。 サイリーンは、バンシー(映画『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』に登場)の娘です。能力も同じですね。同じDランクですが、バンシーよりもさらに弱いミュータントです。. R指定映画として、歴代の記録を塗り替える大ヒットとなった映画『デットプール』。X-MENシリーズとして、初のウルヴァリン以外が主人公のスピンオフ映画となっています。 デッドプールは、映画『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』に出てきたウェイド・ウィルソンと同一人物です。ただ、キャラクターや性格が変化しています。(これは大人の事情のせいですが、映画『X-MEN: x men シリーズ フューチャー&パスト』 により歴史が変わったため、と思っておくのがオススメですね) X-MENとはいえ、下品かつバイオレンスな過激表現が使われいる映画です。そこがデッドプールの人気の秘密ではありますが、覚悟して見たほうがよいかもしれませんよ。 エンドロール後に、続編に関わるシーンが追加されているようです! ついにデッドプールも配信が開始しました! 『デッドプール』が現在動画配信中です 1ヶ月間以内の退会で完全無料! 映画観るなら<U-NEXT>.

X-MENのSランクヒーローの一覧 2. 年頃に、早ければ日本公開予定と言われていますね。 『デッドプール2』では、サイクロップスとジーン・グレイのクローンであるマデリーンとの息子ケーブルが登場する予定。原作も「ケーブル&デッドプール」が使われる可能性が高いです。 X-MENシリーズの本編に絡む映画になるかどうかは、まだ分かりません。. サイロックの能力は、 x men シリーズ 1. 。 それではX-MENシリーズの「時系列」を徹底的に解説していきましょう。 その他マーベル映画の時系列は、下記の記事をごらんくださいね。 関連記事:マーベル映画はこの順番で見よ!アベンジャーズの最新時系列24作品(公開予定含む). プロフェッサーXは、世界最強のテレパス。他人の精神を「自在にコントロール」する能力がある。具体的には、 1. 『X-MEN: ファーストジェネレーション』に出てきたヴィランで、ラスボス。 それがセバスチャン・ショウです。 能力は単純で「あらゆるエネルギーを吸収する」というもので、 この能力によりセバスチャン・ショウは誰からどんな攻撃を受けてもノーダメージで、取り込んだエネルギーも自分のモノとして放出することができます。 若い頃のマグニートーをまるで「赤子」のように扱うなど、とてつもない強さですよ。 セバスチャン・ショウはマグニートーと同じように、テレパス(プロフェッサーX)対策として特殊なヘルメットを被っています。 ヘルメットがなければ、プロフェッサーXには歯が立たないようです。. 超回復能力「ヒーリングファクター」 2.

年のシリーズ第1作『X-MEN』から19年、ついにフィナーレを迎える『X-MEN: ダーク・フェニックス』が、6月21日 (金)より公開される。. 映画『X-MEN: ファイナル ディシジョン』にて。 エンジェルの父ウォーレン・ワージントン卿がミュータント治療薬「キュア」を開発。これにより、ミュータントたちのデモ運動が激化します。 また最強のミュータント、フェニックスも覚醒。フェニックスを仲間に加えたマグニートーは、キュアを持つ人類との全面戦争に挑むことになります。 ここからはキティ・プライドも本編に絡んできますね。大人になったビースト(ハンク・マッコイ博士)も活躍します。. 映画『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』にて。 エリック・レーンシャー(のちのマグニートー)のミュータント能力が3覚醒。マグニートーの宿敵であるクラウス・シュミット(のちのセバスチャン・ショウ)もここで登場します。 またチャールズ・エグゼビア(のちのプロフェッサーX)も登場。 チャールズは変身能力を持つ少女レイヴン・ダークホルム(のちのミスティーク)と出会い、家族として迎え入れることになります。. エネルギー吸収・放出 5.

また、 コミック ・ アニメ ・ 映画 。. 腕力・俊敏性 4. X-MENシリーズは、 マーベル・コミック が原作の映画ユニバース。. 『ローガン』(ウルヴァリン3)(年) 11. X-MEN映画は「時系列」がとても分かりづらい! 公開中のシリーズだけでも5シリーズ、全体で11作品もあります。 1. 超人的な回復力・不老不死 という感じ。 アポカリプスのこれらの能力が、映画の中でもX-MENらに、猛威をふってるわけです。 「肉体構造変化」というのもあって、腕を伸ばしたり巨大化したりもできるみたい。自分の体の分子構造を変化させるそうです。 世界全体の構造を変化させるフェニックスの能力には劣るかもしれませんが、単純な能力のパワーは凄まじいものがあります。 bアポカリプスはテレポートやテレキネシスなど、他のミュータントらの能力をだいたい使えるわけですからね。. 幻覚を見せる 2.



Phone:(239) 588-1647 x 1841

Email: info@dnve.sarbk.ru